連載エッセイ『鎌倉空想風景帳』第4回

連載エッセイ『鎌倉空想風景帳』第4回
タイトル「市庁舎」

——横道と言う名のその通りは昔の建築の商店がずらりと立ち並んでそれはもう本当にその時代に迷い込んだかのような錯覚に陥るほどで、私は伊勢神宮詣でよりも興奮してしまった。——

安野さんが先日伊勢神宮にお参りにいった際、作り替えられ、情緒溢れる街並みになっていた伊勢の通りや建物への感動、そんな伊勢より鎌倉へ馳せられる思いがつづられています。

7月1日発売「かまくら春秋」に描き下しイラストともに掲載です。

なかなか、かまくら春秋をご覧になれない方へ、過去に掲載されたイラストを公開いたします。
ぜひご覧下さいませ。

その他の「読みもの」