連載エッセイ『鎌倉空想風景帳』第7回

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
連載エッセイ『鎌倉空想風景帳』第7回
タイトル「御成小」

 

ーー元気いっぱいの子供達をお腹にたくさん抱えていきいきとしたエネルギーを満たしてきた建物だけに、からっぽのままぼんやりとそこに在るというのが余計寂寥感を漂わせるのかもしれない。 ーー

 

鎌倉にある御成小の旧校舎が好きで、そばを通るたびにゆっくりと眺めて歩く。
古い建物がもう一度人の集まる場所になるには?
10月1日発売「かまくら春秋」に描き下しイラストともに掲載。

 

こちらからオンラインでも購読いただけます。
http://bit.ly/1bomiUK

 

20131001202000
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その他の「読みもの」