1月26日(日)の『オチビサン』朝日新聞朝刊生活面に掲載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

雪解けを待たずに顔を出す、春一番の山菜、ふきのとう。
特徴は独特の香りとほろ苦さです。
冬の終わりから春にかけて食卓でよく見かけますね。
味覚を刺激して気を引き締め、一年をスタートさせる意味合いもあるんだとか。

オチビはそんなふきのとうを使ってふき味噌を作るようです♪

そして今回のお話と先週までのお話、ぜひ見比べてみてください。
背景に注目して見てみると、ある工夫に気づくはず!

本日1月26日(日)、朝日新聞に掲載の『オチビサン』をぜひご確認ください!
※今回より、月曜掲載から日曜掲載と変更になりました。

140126掲載 オチビサン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その他の「読みもの」