『季刊エス』インタビューより②ー安野モヨコが見た、文化の循環ー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

―『鼻下長紳士回顧録』(以下、『鼻下長』と略記)は二〇世紀初頭のパリが舞台ですよね。
以前、安野さんにポショワールのお話を伺いましたが、それも二〇世紀初頭のファッションプレートでよく使われた技法でしたね。バルビエの絵とか。

安野:あの時代のファッションプレートは、今のファッション誌に当たるものですからね。
今季の新しいモードをあれで配っていた。商業と美術の融合ぶりが私の好みなんです。
だって、お洋服が素敵でも売れなかったらしょうがない。
ただ洋服だけを描けば良いわけではなくて、お洋服を含めたシチュエーションを素敵に描いて、
「こんな風になりたいわ」と女の人に思わせなきゃダメでしょ。そのバランスが私のやりたいことに近いんです。

―全体的なデザインも素敵ですね。

安野:あの時代の洋服が好き、ということもあると思います。なぜ良いかというと、あの時代までは全部手縫いなんですよ。
人が裁断して手で縫った服というのは、着た時の立体感、フィット感がぜんぜん違う。
昔の写真が素敵に見えるのは、貧乏な人でも、着ている上着は人が縫ったものだからだと思います。
私たちは普通、機械で縫った大量生産の服を着ているじゃない?
気軽に着られるし、良いところもいっぱいあるんだけど、やっぱり何か違う。
言葉ではうまく説明できないけど、絵にすると変わってくるんですよ。
家具もそうだし、室内にあるものも全部そうだと思う。だから、絵としてはそういうものを描いていきたいと思います。

―あと、ポショワールで描かれたファッションプレートは、シルエットで見せるようなスタイルで、ポップな面もありますよね。それは漫画と親和性がある気がします。

安野:省略して見せる感じでね。少女漫画家たちも影響を受けていると思います。
バルビエを好きになって、改めて見てみたら、「私が子供の頃に好きだったこの先生のイラストは、ここからインスピレーションを受けていたんだ」と思ったものがいっぱいあります。
あと、日本の叙情画もかなり影響を受けていると思う。構図とかバランスもね。
ただ、もともとバルビエたちは浮世絵の影響で生まれたものなんですよね。
それを、また日本人が良いと思って取り入れる。文化交換というか、循環している感じがありますね。

―面白いですね。今はまた、日本の漫画が世界に影響を与えていますし、本当に循環していると思います。
バルビエといえば、『鼻下長』に協力としてクレジットされている鹿島茂さんはバルビエのコレクターで評論も書かれています。
安野さんは鹿島さんと対談もされていますが、どんな刺激を受けましたか?

安野:鹿島先生は尋常じゃないお金を古本に使っているんですよ。
たくさんエッセイを書いているけど、それも全部古本を買うためですから。
そういう「やり切り感」に、私は昔の世代の人の凄さを感じる。
今でもオタクのコレクターはいるけど、古本の場合は買うことにも技術が要りますよね。
お金さえ出せば誰でも買えるわけじゃなくて。古本屋の主人との駆け引きも必要。
いつも良い本を買って「さすがだね」と思われているからこそ、次に入荷する特別な本を教えてもらえたりする。
長年の積み重ねもあるんですよね。そうして買った本をたくさん読んで、自分の家の裏庭のようにパリのことを語っておられる。
漫画を描いていて苦労するのは、その世界観をいかに構築するか、ということなんだけど、絶対的な知識量があれば描けますよね。
「鎌倉の物語を描きましょう」となった時に、今の鎌倉の生活なら描けると思うんです。
でも、鎌倉幕府の歴史を踏まえて描けるかといったら難しい。
そういう時にほころびが生じると、読者の人にも伝わりますよね。
その点、鹿島先生は「もう良いですよ」というくらいの知識があるんです。
そういう人が書いた本にはあふれ出る情報量があって、ちょっと読んだだけでも相当な栄養をもらうことができる。私もそのおかげで『鼻下長』を描けているんだと思いますね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その他の「読みもの」