さくらん

さくらん

あらすじ

江戸・吉原遊郭でひときわ異彩を放つ美貌の遊女、きよ葉。自由を奪われた世界で、きよ葉は誰にも頼らずただまっすぐに自分を信じ、そして吉原一の売れっ子花魁・日暮となる。そして、一人の青年と恋に落ちるが・・・。

試し読み(第1巻)

さくらんを読む

※下のカートボタンから作品を購入できます

電子書籍(オフィシャルサイト限定デザイン)

作品情報

作品名
さくらん
連載時期
2001年〜2003年
掲載媒体
イブニング

登場人物

きよ葉

きよ葉

吉原の遊郭、玉菊屋の遊女。幼少の頃に身売りさられ、禿となった。強気な性格だが、その個性と器量の良さが多くの人を魅了する。やがて吉原一の花魁、日暮となる。

惣次郎

惣次郎

商家・三松屋の息子。もとは三雲の客であったが、名代として相手をしたきよ葉と恋仲になる。

粧ひ

粧ひ

玉菊屋の花魁。幼いきよ葉の面倒を見て、花魁になる決心をさせる。後に材木問屋の若旦那に見請けされ、吉原を去った。

三雲

三雲

玉菊屋の看板遊女。粧ひが吉原を出た後、きよ葉の面倒を見る。後にきよ葉とは、玉菊屋の一、二を争う仲に。

文左衛門

文左衛門(ご隠居)

吉原に精通し、きよ葉に様々なことを教える。きよ葉の突き出しと相手となる。

楼主&女将

楼主&女将

玉菊屋を仕切る夫婦。厳しい二人だが、きよ葉を見込んでおり、花魁への道を進める。

清次

清次

きよ葉が身売りされた頃から玉菊屋にいる。心優しく、きよ葉を気遣う。

他の「安野モヨコ作品」を探す

その他の「読みもの」